優良中古バイクの選び方

■中古バイク販売にかかわる諸問題

■修復歴バイク、重要瑕疵事項のあるバイク(ニコイチ車、盗難車、水没車、自然災害車等)

中古バイクでは、交通事故で破損したバイク(事故車)を修理して販売する場合があるが、この事故を隠して販売した場合、その取引が問題視される。
事故車の場合は事故によって目だった破損の他に、気付かれ難い欠陥がある場合があり、消費者がそれを知らずに使用していて、機械的な問題から事故を起こす危険が伴う事もあるためである。
またニコイチ車、盗難車や水没車も経歴を隠してオークション市場に流れることもある。

■走行メーター改ざん

一般的なバイクの販売については、事故歴を隠して販売する以外にも、走行距離計(オドメーター)の数字を巻き戻し、走行距離を短く見せかけて販売 (いわゆるメーター戻し)することも多く、故障が発生して修理する際に、表示上の走行距離以上に部品が消耗していることが発覚するなど、トラブルが絶えない。
(なお、年式の割に走行距離が極端に短い(年間で500-1000キロ程度)バイクも要注意。
巻き戻しがされていなくても、頻繁に乗らないからという理由で保守が十分にされていない場合もある。
(潤滑油など油脂類が、運転させなくても時間の経過とともに劣化するため))
その他、過去の整備履歴を記した整備手帳が処分されて整備状況がわからないなど多くの問題を抱える。
現在では日本オートオークション協議会が中心となり、走行メーター管理システムによるバイクオークション経由での走行距離の不正を防止する動きがある。
しかし、近年走り屋のスポーツバイク等、カスタムバイクなどはエンジンの積み替えなども流行している為車体が修復歴がなくともエンジンの消耗などでエンジン本体をオーバーホール(リフレッシュ)又は積み替えなど行い、そのバイクの価値を保つ場合もある。
実際に見極めるのには非常に難しいので優良中古バイクを希望するお客様はその点も含めスタッフにご相談ください。

■様々な問題があるように、中古バイクの事を知り、賢い買い方を当社はオススメします。■

■お値段を良く見てお考え下さい!

安すぎる中古バイクは要注意です。もしもあなたが中古バイク販売店の社長だとして、
良いバイクをオークションから仕入れて、その仕入れ価格より安く販売しますか?赤字で…?
そんなことは絶対にありえませんよね。会社が潰れてしまいます。
単純に安い車と言うのは、何かしらの「安い理由」があるのです。
それは事故車かもしれませんし他の理由も考えられます。
オークションの相場より安く売る事はありえないのです。
ただオークションにも事故を起こして壊れたバイクや事故で壊れた
箇所を直したバイクはたくさん出品されています。
もし、その事故車を仕入れたとしたら…それは相場よりも安く販売しても赤字にはなりませんよね。
ここまでお話すればお分かりだと思います!どんなバイク屋であれ赤字では絶対に販売しません。
それが安すぎるバイクであれば要注意です。
  • スタイル、キレイさ、カッコイイボディ、ホイル等だけに目を取られないことです
    バイクは外見で走るわけではありませんよね。エンジンやミッションなどの機械が動いて走るのです。
    外見のルックスなどももちろん大切ですしカッコイイ、しかし、本当に大切なのは機械の部分ではないでしょうか?
    後で後悔しないようにする為にはキレイさだけに目を奪われてはダメです。
    安すぎるバイクには必ず安い理由があります。
  • 変にエンジン周りが異常にキレイなのも考え物かもしれません
    凄く綺麗なエンジン周りを見れば(あぁ~いいな~)と安心するかもしれません。
    しかし、変に綺麗すぎたら逆にエンジン周りを洗浄している可能性があります。
    洗浄と高圧噴射のクリーニング剤でエンジン周りを洗うのですが、この際に考えられるのは電気系統のさびを発生させる危険性があると言うことです。
    1、でも書きましたが「きれい」でバイクは走る訳ではありません。
    エンジン周りが汚すぎるのも当然考え物ですが、キレイすぎるのも要注意です。
    買った後に後悔するかもしれません。特に走行距離の多いバイクや輸入バイクは要注意です。
  • 保証対象外の様々なカ所は念入りチェック…
    「悪いカ所は直してもらえる」のが保証の保証たる部分ですが、しっかりと保証内容を確認しましょう。
    保証対象から外れている部位、すなわちタイヤの磨耗状況やバッテリーなどの消耗品などを購入前にチェックしておかなければ、買った後だと自腹での修理になります。
    それと、車検の残存期間もしっかりと確認しておかないと納車後1ヶ月で車検が切れるということもあります。
  • 保証規定は良く聞いてください!
    バイクによって様々ですが、どの位の期間、どの部分が、どのように保証してくれますか?
    当社でバイクを購入される際によく聞いてみてください。
  • 保証書などは付いていますか?
    バイクによって異なりますが、新車登録3年以内のバイクを買う場合は結構お得な重要なポイントです。
    メーカー保証書さえあれば、大きなトラブルが起こってもメーカーが責任を持って修理します。
    逆に無ければ故障した時に修理費用をご自身で負担しなければなりません。
    これによって、新車登録3年以内のバイクでメーカー保証書の無いバイクは保証書有のバイクとは安心と価格が大きく違ってきます。
    また、3年以降のバイクはメーカー保証書に関係なく、保証は受けれなくなるので価格も安くなります。
  • BENZO RIDE SPORTのスタッフはどんな方たちですか?
    当社では、トータルカープロデュースと言う名前を付けることからバイクに関するエキスパートスタッフがいます。
    大手中古バイク販売店などと比較してしまうと設備、スタッフの人数など敵いませんが、当社は少人数の中古バイク販売店ですが、ハーレーでも原付でも一台一台丁重に整備を行っています。
    お客様が大切に乗るバイクはどんなバイクでも決して安い買い物ではありません。
    整備やカスタム等でも同じです。当社はモータースポーツに携わっているスタッフやメカニック、バイクの知識に詳しい営業スタッフやカスタムなどの詳しいスタッフも在籍しています。
    バイクを売ることばかりだけが仕事だとは思っておりません。
    当社でバイクを購入して頂いた後のアフターフォローもお世話させて頂きます。
    それ以外のバイクの相談にも丁寧に解決策を教えてくれる営業マンは一生付き合う価値があると思います!
  • 整備に詳しいお店から買ったほうが良いと思います。
    皆さんもご存じの方も多いと思いますがモータースポーツのレーシングマシンは、一般にフィードバックされる要素が沢山あります。
    むしろレーシングマシンから得られる部分が大半です。
    当社では一般バイクからレーシングバイク、クラッシックバイクも取り扱っております。
    モータースポーツで長年の経験を得たメカニックが在籍しており、クラッシックバイクなど現在ではなかなか手に入らに部品等でも制作します。
    バイクは多くの部品の組み合わせで動いている機械です。当社は売る能力よりも、その機械の仕組みをシッカリと分かっている整備能力を大切に考えているお店が絶対に良いと考えております。
    数年の間に何回もバイクを買い替える人って少ないですよね。
    でも整備は何回も行わなければなりません。
    となればどちらの能力がお客様にとって必要か?分かると思います。
  • バイク業界の経験の長い人って安心できます
    当社はこのバイク業界を見て、人の入れ替わりの激しい業界だな?と感じています。
    それは新車ディーラー営業マンも同じです。
    お客様が買ったお店の営業マンが辞めてしまったら・・怖いですね。
    当社とお客様の間で長くお付き合いさせて頂くために、バイクは一生付き合える営業マンを選ぶべきでだと思います。
    それが必ずお客様の楽しく、長く、カーライフ過して頂く為になると思います。
  • 最終的にバイクを安く購入する為にはどうすれば…。
    バイクとは、 1台ごとにコンディションが大きく異なります。
    それを1台1台見分けるには無理があります。
    そこで、購入する前の中古バイク選びをお任せ頂ければ1週間に5万台以上の中古バイク情報の中からお客様の条件にぴったりのバイクや壊れにくいバイクを探します。
    そうすれば、購入後のバイクライフも楽しくなることは間違いない!
    でも、一つ間違えば最悪のバイクライフにもなります。
    くれぐれも騙されたりせずにトータルコストを踏まえた中古バイク選びをして下さいね。