トータルプランニングコスト【TOTAL PLANING COST】

キーワード
  • 総合的に見てコストがかからないバイク = 優秀なバイクである
  • 車両価格だけでなく本当の意味で安いバイクとは?
  • 長期間バイクを所有する場合、トータルバイクライフコストプランニングが大変お得!

バイクを所有している期間に発生する費用


  • バイクを取得するのに必要な費用
  • ガソリンなどの燃料。オイルなど定期的に交換しなくてはならないもの
  • 車検・定期点検などの整備費用および重量税などの法的費用
  • 自動車保険にかかる費用
などがあります。さらに
  • 故障・バイクの不具合によって起きる事故

となるとこれにより失う大切な時間・精神的苦痛も伴ってきます。
これらのことからバイク販売価格だけではなく、上記のことを含めた
トータルプランニングコストが安い = 本当の優良バイク
であるという認識で新しいバイクを購入してみませんか!

コストが高くなる中古車の例

車両価格が安いだけで選んだ中古車だと、以下のように結局膨大な費用がかかってしまうことが考えられます!

  • 車検代が異常にかかった!!
    購入して初めての車検!!
    いきなり整備工場から車検を通すには5~10万必要との説明を受けた。
    説明を聞いても専門用語ばかりでよくわからないが、要するに整備不良バイクを買ってしまったらしい・・・
  • ブレーキが効かなくなり前の車に衝突した
    購入して1年。ブレーキが効かず信号待ちの車に追突してしまった。
    保険を使って対応したが、翌年から保険料も上がった・・・
    こんなことなら前のバイクにそのまま乗っていればよかった。
  • オイル漏れでエンジンがかからなくなった
    ある日、駐車場でオイル漏れでエンジンが掛からなくなってしまった。
    レッカーを呼んで、修理代、代車代などなんだかんだ30万以上の出費。
    購入店に保証を申し込んだがメンテナンスが悪かったと断られてしまう。
  • 大事に乗っていたのに売却価格が3万円
    大事に乗っていても不人気車だからと高く買い取ってもらえなかった。
    購入時ばかりでなく売却時のことも念頭に入れておけばよかった・・・
  • 高速道路で突然ハンドルがぶれて中央分離帯に一直線 — 危うく死ぬところだった
    販売店に持っていっても気のせいの一点張り。
    他の整備工場で見てもらったら事故車でフレームが曲がっているとのこと。
    販売店に騙されたみたいだ!! 命はプライスレス!!

BENZOならこんな目にあわない万全のバイクをご提案することができます。
その理由は次の記事をごらんください!!